イタリアの美味しいワインや食材を取り扱うお店

10,000円(税込)以上ご購入で送料無料
※沖縄・離島を除く
ショッピングカート
商品名で探す
商品カテゴリ
カレンダー
2022年 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2022年 06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

トップ > 生産者で探す > ワイン > ルイジ ジョルダーノ > ルイジ ジョルダーノ ランゲ・ネッビオーロ 2019

ルイジ ジョルダーノ ランゲ・ネッビオーロ 2019


木苺、ラズベリーの香り。乾いたタンニンの上品な余韻のネッビオーロ。

タイプ:赤 辛口
品 種:ネッビオーロ
産 地:イタリア ピエモンテ州
生産者:ルイジ ジョルダーノ


温度管理されたタンクにて7日間の軽いマセレーション。スラヴォニア産の大樽にて熟成の後、6ヶ月間ボトルで熟成。
ゼラニウム、木苺、ラズベリーの香り。乾いたタンニン、力強いプチ・バルバレスコ。

 
  • 商品コード:590419
  •     
  • 750ml
  • 価格(税込): 4,180

       
  •     

  • 数量 :

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
フレーバー


ボディ
    ライトボディ        ミディアムボディ         フルボディ

 味わい
 




 
      
ルイジ ジョルダーノ     
毎年完売の小規模生産者
1930年、ジョヴァンニ・ジョルダーノによって、バルバレスコ村の中心にあるカヴァンナの畑を購入した事から歴史は始まった。当時は葡萄の栽培のみを行い、収穫した葡萄はネゴシアンに販売をしていた。
1958年、まだ葡萄栽培が主流だった時代に、息子のルイジ(現当主マッテオの祖父)によって自社での瓶詰めに踏み切った事で、ワイナリーとしての歴史をスタートさせた。
2000年には、彼の2人の娘ラウラとシルヴィアと共に経営を開始し、新しい畑を買い足し、年間65,000本の生産量まで伸ばす事ができた。
現在ではラウラの息子のマッテオが加わり、3世代で切り盛りをしている。40度近い暑い夏でも、祖父のルイジは畑仕事を行っており、丁寧に手入れを行っていた。
彼らの畑は2m以上の高い仕立で作られており、理由を聞くと、最近の温暖化対策で、葉で日よけの傘を作り、葡萄が焼けるのを防いでいるそう。また、若い葉は光合成を盛んに行い、アルコール度数を高めてしまう為、切り落とさない(切ると新しい葉が出てきてしまう)ようにしているのだと言う。手が行き届く規模だからこその、きめ細やかな仕事だ。
また、3つのバルバレスコ(カヴァンナ、モンテステファノ、アジリ)は、毎年予約で完売になってしまう。彼らもバックヴィンテージをストックする事ができないと嘆いていた。     
タナロ川に向かう傾斜地のブドウ畑


 
 地下で熟成中のワイン


 
  所有するぶどう畑
貝殻などの海由来のミネラルを含む、白亜の石灰岩土壌