イタリアの美味しいワインや食材を取り扱うお店

10,000円(税込)以上ご購入で送料無料
※沖縄・離島を除く
ショッピングカート
商品名で探す
商品カテゴリ
カレンダー
2022年 07月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
2022年 08月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

トップ > 生産者で探す > ワイン > ラ・キアーラ ガヴィ・デル・コームネ・ディ・ガヴィ 2020

ラ・キアーラ ガヴィ・デル・コームネ・ディ・ガヴィ 2020


グレープフルーツのような柑橘の香り、ミネラル感があり
シャープな酸味がバランスよく飲みやすい。

タイプ:白ワイン 辛口
品 種:コルテーゼ
産 地:イタリア
     ピエモンテ州
生産者:ラ・キアーラ
      

様々な土壌の畑の葡萄を使用。酸化しない様にプレスをした後、低温管理したステンレスタンクにてシュール・リー。
シトラスの香り。鉱物的なミネラルの要素が強く、全体的にシャープな味わい。

 
  • 商品コード:570120
  •     
  • 750ml
  • 価格(税込): 2,750

       
  •     

  • 数量 :

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
フレーバー

ボディ
 ライトボディ        ミディアムボディ         フルボディ

 味わい
 
    
   ラ・キアーラ
   
ガヴィに人生を捧げた家族
 ラ・キアーラ社は1912年、フェルディナンド・ベルガリオによって設立されたワイナリー。
 以後100年以上に渡って、4世に引き継がれている家族経営の小規模生産者。ガヴィ・ディ・ガヴィ(正式にはガヴィ・デル・コームネ・ディ・ガヴィ)を名乗れる、由緒ある区画に畑を所有している。
 2代目当主(現当主の祖父)は、ガヴィの優良生産者として世界的に有名なラ・スコルカ社の元醸造担当。コルテーゼを知り尽くした家系である。
 2017年には4代目にあたるダリオとシモーナ兄妹がワイナリーに戻って来て、よりスタイリッシュにガヴィを世界に発信するように変化している。
酸化に弱いコルテーゼ
 ガヴィの唯一使用して良いコルテーゼ種は、この地の土着品種である。実はコルテーゼは非常に酸化に弱い事でも有名です。ラ・キアーラ社は小規模生産者ならではの強みとして、収穫をした直後にプレスをして、醸造をスタートさせている。大規模な生産者だと、通常1日2日経ってからプレスする事が多いという。
更に、酸化しないように最新鋭のエアプレス機を使う事で、品質は向上しているそうだ。
昔はプレス後のジュースは黄色っぽかったが、現在のジュースは綺麗な緑色。どれだけ健全な葡萄ジュースを得られているのか一目瞭然である。
異なる土壌の葡萄による調和
 ガヴィの地域は複雑な土壌が入り混じっている地域。
ロヴェレートにある標高300mを超える山の中の畑は、石灰岩が目立つ、白い畑。対して、カンティーナの周りの250m程度の畑は、赤土が混ざる粘土質の土壌。全く異なる個性が存在するのが、ガヴィの面白いところでもある。
生産者によっては、土壌毎にワインを造り出す事もあるが、ラ・キアーラ社はそれらをアッセンブラージュする事で、ガヴィという地域の表現に力を注いでいる。
彼らは大きく分けて、3つのパーセルの畑を所有する。
それらのパーセル毎にタンクを分けて醸造を行うが、最終的にアッセンブラージュする事で、ヴィンテージによる差を小さくし、毎年安定した味わいに仕上げている。
3つのスタイルのガヴィ
ラ・キアーラ社のガヴィは3つのガヴィを造り出している。
1つ目は、ガヴィのアイデンティティを表現しているクラシックなワイン。アペリティフから軽い前菜などに合わせて活躍できるタイプ。
2つ目は、2日間だけマセレーションする事で、コルテーゼの持つ香り、個性を表現しているエチケッタ・ネラ。リッチな魚介類にも負けない力強さがある。
3つ目は、バリック熟成によって若干の酸化を促しながら深みを表現したグロッペッラ。赤身肉のメインディッシュに合わせても遜色ない味わいになる。シーンによって、是非使い分けて頂きたい。 
 ワイナリーとまわりに広がるブドウ畑
 カンティーナ正面の赤土混じりの粘土質
 最新式のプレス機