イタリアの美味しいワインや食材を取り扱うお店

10,000円(税込)以上ご購入で送料無料
※沖縄・離島を除く
ショッピングカート
商品名で探す
商品カテゴリ
カレンダー
2022年 07月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
2022年 08月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

トップ > 産 地で探す > アルベルトさんのEXVオリーブオイル
ペペロンチーノ オーガニック 250ml

アルベルトさんのEXVオリーブオイル <br>ペペロンチーノ オーガニック 250ml アルベルトさんのEXVオリーブオイル <br>ペペロンチーノ オーガニック 250ml
アルベルトさんのEXVオリーブオイル <br>ペペロンチーノ オーガニック 250ml アルベルトさんのEXVオリーブオイル <br>ペペロンチーノ オーガニック 250ml
拡大画像

アルベルトさんのEXVオリーブオイル
ペペロンチーノ オーガニック 250ml

料理のジャンルを問わず大活躍します
シャープな唐辛子の辛みとシチリア産唐辛子が香る味わい
名称:食油オリーブ油
生産者:アルベルト・ガッルッフォ
原材料名:有機食用オリーブ油、有機唐辛子
内容量:229g
保存方法:直射日光、高温多湿を避け冷暗所に保存してください。
原産国名:シチリア州
栄養成分:熱量116kcal、たんぱく質0g、脂質13g、炭水化物0g、食塩相当量0g
使い方:パスタやピザ、サラダに。きんぴらや納豆にも。
特 徴:シャープな辛みとシチリア産唐辛子が香る味わい。
    上質なEXVオリーブオイルがベースだからあと味が違います。



有機EXVオリーブオイルに丘陵地で栽培した香りの良いシチリア産有機
唐辛子4種を漬け込み、辛みと香りを非加熱で抽出しました。
 
フレッシュなオリーブオイルをお届けするために
✦ 「早摘みグリーンオリーブ」を使用:
 オリーブの表皮が緑または赤紫に色付き始めたタイミングで手摘みします。
 早摘みの実は完熟した実よりもポリフェノール値が高いのです。
 
✦ 収穫後3時間以内に搾油をスタート:
 オリーブは枝から離れた瞬間に劣化が始まるため、迅速に搾油することが
 大切です。
 
✦ 低温圧搾法:
 オイルを抽出する工程で温度を27℃以下に保ち、酸化を防ぐと同時に香り
 や鮮度をキープします。
 
✦ ノンフィルター「ナチュラルデカンタ製法」:

 搾油後のオリーブオイルに残るわずかな澱(おり)は、フィルターを通さず
 自然に沈殿させて取り除く「ナチュラルデカンタ製法」を採用。オリーブ
 の味わいや栄養分を十分に残します。
 
✦ 酸度0.18:
 アルベルト社のオリーブオイルの酸度は、国際オリーブ協会(IOC)規定
 のエキストラヴァージンオリーブオイルの酸度(0.8以下)をはるかに下
 回る0.18。酸度の低さが品質の高さの証です。
 
✦ リーファーコンテナ輸送:
 イタリアから日本へは温度管理が可能なリーファーコンテナで定温輸送し、
 熱劣化を防ぎます。  一般のコンテナでは赤道直下を通る際、 庫内温度が
 70℃近くまで上昇する場合があります。日本到着後も倉庫内で厳しく温度
 管理されています。
  • 商品コード:V701
  •     
  • V701
  • 価格(税込): 1,620

       
  •     

  • 数量 :

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
アルベルト社について
  
アルベルト社のオリーブオイルは、イタリアのオリーブ文化の原点ともいわれるシチリア島で生産されています。紀元前、フェニキア人がシチリア島にもたらしたオリーブの文化は、以降ギリシャ・ローマ時代を経て現イタリア各地に広がっていきました。

アルベルト社では健康なオリーブを育むため、ゆったりと間隔を開けてオリーブの木を植えています。農薬を使わないオリーブ畑には春になるとポピーの花が咲きほこります。地中海の風が吹き抜ける中、たわわにオリーブが実ります。
  

酸度の低い高品質なオリーブオイルを生産するため、オリーブの表皮が緑または赤紫に色付き始めたタイミングで手摘みし、3時間以内に搾油を開始します。搾油後にわずかに残った澱(おり)は、フィルターを使わず自然に沈殿させて取り除きます。オーナーのアルベルト氏が「フィルターを通すことで必要以上に味わいや栄養分が失われるのは勿体ない。本来のオリーブの味わいをしっかり残したい」と考えているからです。 

アルベルト氏は、剪定の時期や灌漑の方法、害虫対策などに精通し、オリーブ栽培からボトリングまで生産の全工程を自ら指揮しています。また、その深い知識を同業者にも惜しみなく伝え、地域のオリーブ産業に大変貢献しています。オリーブオイルの鑑定技術でも高い評価を受けており、国際的な公式オリーブオイルコンテストのパネルリーダーにも任命されています。
 
アルベルト氏の魂を込めた作品ともいえるオリーブオイルをより良い状態で日本に届けるため、現地からの輸送には熱劣化と酸化を防止するリーファーコンテナが使われています。



 樹齢千年のオリーブの樹を見上げるアルベルト氏 
 収穫時期を見極めるアルベルト氏 
 
 早摘みのオリーブ 
 

搾りたてのオリーブオイル
 

 ホピーの花が彩るオリーブ畑