イタリアの美味しいワインや食材を取り扱うお店

10,000円(税込)以上ご購入で送料無料
※沖縄・離島を除く
ショッピングカート
商品名で探す
商品カテゴリ
カレンダー
2022年 07月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
2022年 08月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

トップ > イタリアワイン > ロゼワイン > 【欠品 7月入荷予定】カンティーナ オルソーニャ ヴォーラ ヴォーレ
チェラスオーロ ダブルッツォ 2019

【欠品 7月入荷予定】カンティーナ オルソーニャ ヴォーラ ヴォーレ
チェラスオーロ ダブルッツォ 2019


タイプ:ロゼワイン 辛口
品 種:モンテプルチアーノ
産 地:イタリア アブルッツォ州
生産者:オルソーニャ
熟 成:ステンレスタンク モンテプルチアーノ・ダブルッツォと
    同じ葡萄を用いた直接圧搾法。
    ただし、完熟の一歩手前の酸度のある状態の葡萄を使用。
    桜の酵母を使用。

ラズベリーやザクロの香り。
程よいタンニンとフレッシュな酸度が心地良いロゼ。
  • 商品コード:620319
  •     
  • 価格(税込): 1,870

       
  •     

  • 数量 :

アブルッツォ

品切れ
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
カンティーナ オルソーニャ 
 

サステナブルな社会へ

 カンティーナ・オルソーニャは1964年に、数人のグループによって立ち上げられた、小さな組合であった。今日、500軒もの考えを共感できる仲間に支えられた会社に成長を遂げ、1,100haの畑を所有している。その80%はビオロジック認証を取得済。更に少しずつビオディナミへと変換を遂げている。

 彼らは今、葡萄の栽培と、環境保全の双方をバランス良く実現する、持続可能な生態系を築く事を目的としている。プラスチックごみを出さない様に、キャップシールを排除するなど、サステナブルな社会に向けて、積極的に活動をしている。


ミツバチの保護活動

現在、環境問題の1つとして、世界中でミツバチが急激に減少している事が挙げられている。ミツバチが花から花へと飛び回り、身体中に花粉を付けながら、蜜を集める事で、植物は自然と受粉をする。実際、人間にとって重要な作物の7割は、ミツバチによって受粉を行っているという研究結果がでている。

 彼らはこのミツバチを保護する為、畑の周りの自然豊かな森に巣箱を設けている。そして、オーガニックで健康な畑を保つ事で、彼らが心地良い環境を保っている。

 巣箱は植物の近くに置かれており、それぞれの影響を受けたハチミツを造り出している。現在では「西洋サンザシ」、「クローバー」、「フレンチハニーサックル」、「栗」、「木苺」、「桜」と6種類。ハチミツを採取するだけではなく、ビーブレッドなども採取している。

 

世界初の試み『Bee Bread酵母』で醗酵

彼らは、地元アブルッツォのキエーティ大学との共同研究で、世界初の試みを行っている。

 ミツバチ保護の副産物である、ビーブレッドというものを培養した酵母を用いて、ワイン造りを行っている。

 ビーブレッドとは、言葉の通りミツバチのパン。無尽蔵に飛び回るミツバチは、このビーブレッドを餌として食べ、エネルギー源としている。ミツバチが蜜を集める際に、身体についた花粉を巣の中で集め、吸収しやすい様に酵素を加えて乳酸発酵したものが、ビーブレッド。人にとっても栄養価が高く、スーパーフードとして、注目を集めている。この酵母の効果が明らかになる事で、新たなワイン造りの可能性が広がるかもしれない。

 


《獲得しているオーガニック関連の認証》

《ビーブレッドから培養酵母を生成している過程》


《様々な花の巣箱を設けて居る》